古市憲寿氏 橋下徹氏に“意見”「最近、協調を重んじ過ぎ。昔は本当にイエスはイエスだったのに…」

[ 2021年10月7日 08:55 ]

フジテレビ社屋
Photo By スポニチ

 社会学者の古市憲寿氏(36)が7日、フジテレビの情報番組「めざまし8(エイト)」(月~金曜前8・00)に出演。元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(52)に「最近、協調を重んじ過ぎ」と“意見”した。

 番組では、古市氏と橋下氏がお互いにツッコミ合うのが恒例。この日は、ノーベル物理学賞に決まった真鍋淑郎・米プリンストン大上席研究員(90)が米国籍を取得した理由を、日本の人々は協調を重んじるが「私はまわりと協調して生きることができない」などと語ったVTRを見て、橋下氏は自身が日本にいる理由を「僕は協調を重んじるタイプですから」と笑いながら回答した。

 これに対し、古市氏は「橋下さん、最近、協調を重んじ過ぎじゃないですか。昔は本当にイエスはイエスだったのに、最近ちょっとイエスかノーか分かんなくなっている」と指摘していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月7日のニュース