ウイカ「終わりがないまま走り出す」 ドラマとの違い…バラエティー番組「1番怖いところ」」

[ 2021年9月16日 14:58 ]

タレントのファーストサマーウイカ
Photo By スポニチ

 タレントで歌手のファーストサマーウイカ(31)が15日深夜放送の「太田伯山ウイカの『はなつまみ』」(深夜0・50)に出演。バラエティー番組についての思いを語った。

 22日の放送が最終回となる同番組。前身番組「太田伯山~悩みに答えない毒舌相談室~」からウイカを加えて1年、幕を下ろすこととなった。

 1年間の思い出を振り返る中、ウイカは「ドラマとか舞台って終わり(最終回)が分かってて始まるけど、バラエティーだけ終わりがないまま走り出すって1番怖いところ」と打ち明けた。

 さらに「私がいる意味っていうのを残しておかないと『太田伯山』で良かったじゃんってなるから」と同番組に途中参加となった苦悩も語り、「いままでずっと気にしてたんで、せめてワイプのときは関根勤さんぐらい(笑っていた)」と爪痕を残すための努力を明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月16日のニュース