戸田恵梨香&永野芽郁主演「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」 最終回12・6% 番組最高更新で有終の美

[ 2021年9月16日 09:34 ]

戸田恵梨香
Photo By スポニチ

 女優の戸田恵梨香(32)と永野芽郁(21)が主演する日本テレビ系連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(水曜後10・00)最終回(第9話)が15日に放送され、平均世帯視聴率は12・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが16日、分かった。個人視聴率は7・2%だった。世帯、個人ともに番組最高を更新し、有終の美を飾った。

 第1話は11・3%、第2話は11・7%、第3話は10・8%、第4話は8・9%、第5話は12・5%、第6話は11・1%、第7話は11・8%、第8話は11・6%と推移した。

 交番勤務のワケあり元エース刑事と天然新人ペアの笑いあり、涙ありの日常を描く作品。元刑事の藤聖子を戸田恵梨香、新人警察官の川合麻依を永野芽郁が演じる。2人のほか、ムロツヨシ(45)三浦翔平(33)山田裕貴(30)西野七瀬(27)平山祐介(50)千原せいじ(51)渕野右登(26)が出演した。

 第9話は、川合(永野芽郁)が作成した似顔絵によって再び動き出した桜(徳永えり)ひき逃げ事件の捜査。そんな中、鑑識検定上級の資格を持つ藤(戸田恵梨香)と源(三浦翔平)は、車上荒らしの被害車両の鑑識作業にあたる。川合にわかりやすく教えるため、ベテラン鑑識長と新任巡査になりきる藤と源。次第に謎の鑑識コントがツボにハマる川合と伊賀崎(ムロツヨシ)だが…そんな矢先、隣の村川署から、守護天使の似顔絵に似た男が現れたという情報が!果たして守護天使の正体とは…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月16日のニュース