「うっせぇわ」Ado、テレビ生放送に初出演 「ガラスの仮面」主人公に共感「私のどこがスターなの?」

[ 2021年7月3日 19:00 ]

日テレ系「THE MUSIC DAY」でテレビの生放送に初めて出演したAdo
Photo By 提供写真

 顔を明かさずに活動している女性シンガー・Ado(18)が3日放送の日本テレビ系音楽特番「THE MUSIC DAY」(土曜後3・00)に登場し、初の生トークを展開した。

 メジャーデビュー曲「うっせぇわ」のミュージックビデオ・ストリーミング累計再生回数が、合わせて3億回を突破するなど、話題を集める彼女。今回はスタジオに置かれたモニターにAdoのイラストが映し出され、声のみの出演となった。

 嵐の櫻井翔(39)から「『うっせぇわ』での大ブレイク、今のお気持ちはどうですか?」と聞かれると「すごすぎて、自分のこととは思えませんね。なんだか、他の方の人生を歩んでるみたいです」と、緊張しながら答えたAdo。

 最近ハマっているものについては「ガラスの仮面」を挙げる。「ものすごく引き込まれてしまって、最新刊の49巻まで一気に読んでしまいました。もともと、演技やエンターテインメントを題材にした漫画が好きなんです」と、理由を語る。「印象に残ってるのは、主人公の北島マヤが突然国民的スターになったときに『自分自身は以前と何も変わらないに、一体私のどこがスターなんだろう?』というシーンで。私も同じような気持ちを抱くことが多いので、マヤに共感することが多いです」と、自身の境遇を重ねていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月3日のニュース