板野友美 2カ月半つわりに苦しんだと明かす「やっとご飯も作れるように」と“友飯”も披露

[ 2021年5月12日 22:18 ]

板野友美
Photo By スポニチ

 10日に第1子を妊娠したことを発表した元AKB48の板野友美(29)が12日、自身のインスタグラムのストーリーズ機能を更新し、つわりが長かったことを明かした。

 板野は「つわりが結構長くご飯の匂いだけで嘔吐いて中々#友飯も作れず あんなに食べること好きだった私が…人が変わったような2ケ月半でした」とつづり、それまではインスタグラムでもちょくちょく披露していた手作りの食事の写真を投稿できなかった理由も説明。

 今は「まだ胃が重いですが、やっとご飯も作れるようになってきました 美味しく食べれるって本当に幸せ」と、2人分の食事の写真を添えて投稿。

 「どうやって乗り越えましたか?」という質問には「ピークはずっと部屋の天井みつめてました とにかく嘔吐くのが辛かったので 私は飴を常備して気持ち悪くなりそうな時や、ご飯の匂いがしそうな時はレモンの飴を舐めてごまかしてました」と答え、「辛さも乗り越えてやっとママになれるんですね 試練だって思ってます」とつづっていた。

 板野は今年1月5日にプロ野球・ヤクルトの高橋奎二(けいじ)投手(23)とと結婚。現在は安定期に入っており、秋ごろに出産予定という。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月12日のニュース