馬淵優佳さん 夫・瀬戸大也は「今はめっちゃ優しい」も、問題は「いつまで、どれだけ続くか」

[ 2021年5月5日 12:17 ]

元飛び込み選手の馬淵優佳さん
Photo By スポニチ

 東京五輪代表に内定している競泳男子の瀬戸大也(26)の妻で元飛び込み日本代表の馬淵優佳さん(26)が4日深夜放送の関西テレビ「グータンヌーボ2」(火曜深夜0・25)に出演。夫の不倫騒動を経て、現在の心境を赤裸々に語った。

 フリーアナウンサーで女優の田中みな実(34)とタレントの若槻千夏(36)とともに、男性の浮気について話をする中で、田中が自身の浮気体験を告白。「そこに愛があるのかっていうのも、すごい私は大事なポイント」「四六時中その子とメールをして、週末には必ずお泊りに行っててとかが、2、3年続けてた関係だったらもう無理。分かります?」と突然ぶっ込み。同意を求められた馬淵さんは「分かります」とうなずいた。

 田中はさらに「アンタッチャブルなことだけど、ずっとサレ妻みたいに言われ続けるのも、不本意じゃないですか?私は思う。でも、無駄に明るくされることもないと思うの。ムカつくと思うし…」とグイグイ切り込むと、馬淵さんは「ムカつきます。めっちゃムカつきます」と本音を吐露した。

 若槻も「今ってどんな感じなんですか?」と参戦。馬淵さんは瀬戸の今の様子について「今はめっちゃ優しいです」と明かしつつ、「本当に『今は』っていう(感じ)。向こうが頑張ってくれてるのはめっちゃよく分かる。ただ、問題はいつまで、どれだけ続くか。それがすぐに終わって、なかったかのようにされると、やっぱり『あれっ?』ってたぶん自分も思うようになる。前に向かなきゃいけない。前向きに自分は生活してるんですけど、でも、忘れちゃいけないなっていうのもあるんですよね」と明かした。

 田中は「ずっと彼が後ろめたい気持ちでいて、優佳さんが優位に立っちゃうのも、パワーバランス変わってきちゃうし、それも気持ち悪い」と投げかけると、馬淵さんは「自分が引退して、『アスリートを支える妻』みたいな感じで、結婚して子どももできて、自分は旦那さんに乗っかってるっていうか、旦那さんはすべてみたいな感じだったんですよね、気持ち的に。子どもできたし、家族のためにっていう気持ちでずっとやってて」と以前の自身について言及。「“あの事”があって、めちゃくちゃ応援してくださっている方に、めちゃくちゃ迷惑かけてしまって、本当に申し訳ない気持ちがあるんですけど、私としてはそこで気付けたものもあるんですよね」と心境の変化を告白。「自分をもっと大事にしようと思って、結婚しても子どもができても、自分の人生は自分の人生だから、一時期めちゃくちゃ『主婦!』『家族だけ!』っていう感じでやってたんですけど、それも苦しくなっちゃって、やっぱりもっと自分に優しくしようかなって、いろんなことに挑戦してます。もう前に向くしかないんですよ。悲しいだけで終わりたくないんです」と力を込めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月5日のニュース