高倉健さん&田中邦衛さん魂の演技再び 東映がファン投票上位作品の追悼上映会開催へ

[ 2021年4月14日 05:30 ]

高倉健さん(中央)と田中邦衛さん(左)が共演した「網走番外地」(C)東映
Photo By 提供写真

 存命であれば2月に卒寿を迎えた高倉健さんの生誕90年を記念し、東映がファンの投票で選ばれた上位作品の特集上映会を東京・銀座の丸の内TOEIで行う。「映画館で逢いたい健さん」と題した企画で、期間は23日から5月13日まで。3月24日に88歳で永眠した田中邦衛さんの追悼上映も同時に開催する。

 2014年11月10日に83歳で永眠した健さん。七回忌に合わせた上映会の際、劇場や公式サイトで「見たい作品アンケート」を実施すると(1)「幸福の黄色いハンカチ」(2)「鉄道員(ぽっぽや)」(3)「新幹線大爆破」(4)「八甲田山」の順となり、これに東映社員やOBが選んだ(1)「人生劇場 飛車角」(2)「昭和残(人ベンに峡の旧字体のツクリ)伝 死んで貰います」を加えた6作品がデジタル版で上映される。

 一方、田中さんをしのんでは「網走番外地」などの上映が決定。健さんとの共演作がスクリーンによみがえる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月14日のニュース