乃木坂・樋口日奈「団結が大切。心の扉全開で」 主演舞台「フラガール」へ意気込み

[ 2021年3月15日 12:19 ]

華麗なフラダンスを披露する乃木坂46の樋口日奈(右)。左は朝倉ふゆな
Photo By スポニチ

 乃木坂46の樋口日奈(23)の主演舞台「フラガール―dance for smile―」(4月3~12日、東京・Bunkamuraシアターコクーン)の公開稽古が15日、都内で行われた。

 元乃木坂46の井上小百合(26)主演で19年10~11月に上演された舞台の再演。初めて主演する樋口は「周りの人に支えてもらっている。団結が大切だと思うので、心の扉全開で早く仲良くなることを心掛けている」と明かした。

 前回に引き続きフラダンスの先生役を演じる矢島舞美(29)は「井上ちゃんは素朴さがあったけど、樋口ちゃんは芯がある。稽古場で頑張っていて、初日からセリフを全部覚えていたり“この人に付いていこう”と思わせてくれる」と絶賛。構成演出の岡村俊一氏は「樋口さんの演技力はすさまじいものがある。明日にでも本番を迎えられる」と手応えを語った。

 劇団4ドル50セントの隅田杏花(24)はコロナ禍で健康に気をつけ、ダイエットをしていた時にぽっちゃりダンサーのオファーがあったといい「2週間ぐらいで8キロ戻した。本番までにあと5キロ。体型も楽しみにしてもらえれば」と増量を宣言。「深夜のラーメンと、100円で5つ入りのチョコパンが味方」と取材陣を笑わせた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年3月15日のニュース