駒大・大八木監督 今と昔の選手の違い「今はあんまり言うとシュンってなって部屋で寝込んでしまう」

[ 2021年3月10日 09:41 ]

駒大・大八木監督(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 今年の箱根駅伝で優勝した駒大・大八木弘明監督(62)が9日放送のフジテレビ「石橋、薪を焚べる」(火曜深夜0・40)に出演した。

 MCのとんねるず・石橋貴明(59)から「監督の現役時代の選手と、今の選手は違いますか」と聞かれた大八木監督は「全然違いますね。メンタル的に弱いとおろが今の選手は多い」と言い。「前はある程度厳しいことを言ったら反発心みたいなのがあって“なにくそ”みたいな感覚がありましたけど、今はあんまり言うとシュンってなって部屋で寝込んでしまう」と説明。

 石橋の「そういう子が意外と速かったりするんですか」には「あまりですね。箱根とかはメンタル的に強くないと、やっぱりプレッシャーに負けてしまう」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年3月10日のニュース