×

“小説家”加藤シゲアキに期待の声 珍しい“アイドル式スタイル”で「1作ずつ力を付けている」

[ 2021年1月21日 05:31 ]

自身の著書「オルタネート」で惜しくも直木賞受賞を逃した加藤シゲアキ
Photo By スポニチ

 第164回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が20日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は宇佐見りんさん(21)の「推し、燃ゆ」(「文芸」秋季号)、直木賞は西條奈加さん(56)の「心淋(うらさび)し川」(集英社)に決まった。直木賞で「オルタネート」が初めて候補作となったアイドルグループ「NEWS」の加藤シゲアキ(33)は受賞を逃した。

 小説家としての加藤にはアイドルだからこそのスタイルがある。本人は「基本的には作品を書き上げてから(文芸誌などの)連載をスタートする」としており、大手出版社の編集者はその方法を「非常に珍しい」とする。

 出版関係者によると、純文学作品の芥川賞は文芸誌1カ月分で一般的に原稿用紙100~150枚を一気に書き上げるが、直木賞の大衆文学作品は文芸誌の約12カ月分と量が10倍くらいになるため、昔ながらの締め切りに追われる作家が多いという。

 加藤が連載しながら書き進む形を選ばないのは、芸能活動のスケジュールが急に決まることがあるため「締め切りがなかなか作れない」という事情がある。作品の完成後に連載するというのは、アイドルの加藤だからこその“スタイル”だ。「1作ずつ力を付けていると感じる」と話す編集者は多く、今後が期待される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2021年1月21日のニュース