竹内結子 出演CMで追体験「もう一つの幸せな家族、自分の人生があるのかな」第2子男児出産後初の公の場

[ 2020年9月1日 12:17 ]

<サッポロ一番「おうちで偏愛フェス」>玉森裕太と藤ヶ谷太輔の”偏愛レシピ”の試食を楽しんだ竹内結子 (撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 女優・竹内結子(40)が1日、都内で「サッポロ一番『おうちで偏愛フェス』キャンペーン開始式」に出席した。竹内は、1月に第2子を出産後初の公の場。

 竹内は15年からCMに出演しており、この6年で自身にも「いろんな変化があった」という。「お湯を沸かすのもハラハラしながら見守ってたうちの子が、自分でサッポロ一番を作るようになって。一昨日も一緒に夜食を囲んで、サッポロ一番を作って、男の話をしてるのを見たり。景色の移り変わりと一緒にサッポロ一番があって、今後も長く一緒にいたい」と、息子の成長と重ね合わせるように語った。

 CMでは劇団ひとりが夫役、寺田心が息子役で共演している。撮影のたびに成長していく寺田について「心君は何度も撮影を重ねるたびに、今度は何年生になったとか、自転車に乗れるようになったとか報告してくれて、笑顔がうれしくて。もう一つの幸せな家族、自分の人生があるのかなという追体験をしている感じです」と目を細めた。

 竹内は昨年2月に俳優・中林大樹(35)と結婚。今年1月下旬に都内の病院で第2子男児を出産した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月1日のニュース