「テツandトモ」のトモ 内海桂子さん悼む、共演時振り返り「気力、迫力、オーラ、凄すぎる!の一言」

[ 2020年8月28日 15:54 ]

お笑いコンビ「テツandトモ」のテツ(左)とトモ
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「テツandトモ」のトモ(50)が28日、自身のブログを更新し、女流漫才コンビ「桂子・好江」で人気を博し、現役最年長芸人として活躍し、22日に多臓器不全のため亡くなった漫才協会名誉会長の内海桂子さん(享年97)を悼んだ。

 「内海桂子師匠」のタイトルで更新されたブログで、トモは「内海桂子師匠が逝去されました」と書き出すと「97歳。芸歴81年。何度か同じ舞台に立たせていただきましたが、あの気力、迫力、オーラ、凄すぎる!の一言でした」と、共演時を振り返った。

 さらに「90歳を超えてからも舞台で芸をされるお姿を袖で拝見し、感銘を受けました」とつづり、最後に「偉大な大先輩、ゆっくりおやすみください。心からお悔やみを申し上げます」と締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月28日のニュース