東山紀之 渡哲也さんから毎年誕生日に胡蝶蘭 出会い振り返り「ずっと男として憧れ」

[ 2020年8月16日 08:02 ]

東山紀之
Photo By スポニチ

 少年隊の東山紀之(53)が16日、司会を務めるテレビ朝日の情報番組「サンデーLIVE!!」(日曜前5・50)に生出演。今月10日に肺炎のため78歳で亡くなった俳優・渡哲也さんへの思いを語った。

 渡さんとは共演経験はないものの、知人を介して知り合い、交流を続けていたという。「僕は大変お世話になりまして、初めてお会いした時に渡さんがすっと立って、すっと握手してくれた。その時の姿が本当に格好良くて、あれからずっと男として憧れを持っていました」と回顧。「こうやって、いないっていうのは寂しいですね」「寂しいですね、本当にお世話になったので」と繰り返した。

 石原裕次郎さんとの姿に「裕次郎さんとのツーショットというのは素晴らしいものがありました」としみじみ。愛弟子・舘ひろし(70)との関係性についても「男同士の関係性、憧れるものがありますね。舘さんの気持ちを考えると、ちょっと寂しい」と語り、舘の気持ちをおもんぱかった。

 「いつも見ていてくれましたし、一生懸命やっている人をちゃんとピックアップしてくれた」と東山。「毎年、僕の誕生日に大きな胡蝶蘭(こちょうらん)を送ってくれるんです。12月にいつも誕生日プレゼントを返すんですけど、年2回はお電話でお話をさせてもらうんです。そのお礼と、送った時にお礼として電話をかけていただけるんで、そうした関係がもう十数年続いていた」と思い出を語り、「いつかご一緒させていただきたいと思っていたんですけど、かなわぬ夢になりましたけど、僕らは軍団ではないですけど、同じような気持ちでやっぱりこれからもやっていきたい」と決意。「渡りさん、ゆっくり休んでください」と呼びかけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月16日のニュース