小室さやか 婚約と芸能界引退を発表「家庭に対する思いの方が強く引退をさせていただくことに」

[ 2020年8月16日 17:10 ]

小室さやか
Photo By 提供写真

 歌手で女優の小室さやか(25)が16日、自身のSNSで、今年9月末をもってエイベックス・マネジメント株式会社との契約を満期で終了し、芸能界を引退することを発表した。かねて交際する男性との婚約も報告した。

 小室は「仕事をしたい気持ちと温かい家庭を築きたいという2つの気持ちがあり熟考をいたしました。結果、家庭に対する思いの方が強く、引退をさせていただくことになりました」とつづり、芸能界引退を報告。「小さい頃から芸能界に憧れ、これまで活動を続けることができたのは応援してくださったファンの皆様、お世話になりました関係各所の皆様のご支援があったおかげです。心より感謝申し上げます」とファンやスタッフへの感謝を明かしている。

 「9月末まではお仕事に邁進してまいりますので、最後まで応援いただけると幸いです」とメッセージを記し、「最後にはなりますが、コロナ禍が続いている中で皆様、どうぞご自愛ください。一刻も早い収束を願っております」と結んでいる。

 小室は2014年、シンガーソングライターとして活動をスタートし、17年にはユニット「キング・クリームソーダ.」に二代目女声ボーカルとして加入。18年には寺田真奈美とのユニット「alom」でアニメ「イナズマイレブン」のエンディング曲を手掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月16日のニュース