観月ありさ 悪役初挑戦へ見た目も気合「泣きぼくろも入れた」嫁いびり女将姿に原作ファンも歓喜

[ 2020年6月30日 18:48 ]

観月ありさ
Photo By スポニチ

 女優の観月ありさ(43)が30日、自身のインスタグラムを更新し、今夏スタートの日本テレビのドラマ「私たちはどうかしている」(水曜後10・00)に出演すると報告した。

 観月は浜辺美波(19)、横浜流星(23)がダブル主演する同ドラマで、嫁候補をいびりまくる老舗和菓子店の女将・高月今日子を演じる。観月は悪役初挑戦。おっちょこちょいな看護師や正義感が強い主婦、シングルマザーの新聞記者など、さまざまな役柄を演じてきた実力派が新境地を切り開く。

 観月はインスタで「本日情報解禁となりました」と報告し着物姿を投稿。「泣きぼくろも入れて、原作の今日子に寄せて撮影に挑んでいます」と、原作・安藤なつみ氏の同名漫画のビジュアルに寄せたという。

 この投稿には「怖いあの人を演じるのかぁー期待しかない」「珍しくイジワルな役みたいですが、頑張って下さい」「同世代の私としてはあの伝説の美少女が意地悪な女将役だなんて感慨深いです」「原作ファンなのでぴったりな配役に感動です」「待ち遠しいです」と放送を心待ちにするコメントが寄せられた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月30日のニュース