上方落語協会 文枝が特別顧問就任、仁智会長と米団治副会長再任

[ 2020年6月30日 18:33 ]

桂文枝
Photo By スポニチ

 上方落語協会は30日、大阪市内で理事会を開き、前会長・桂文枝(76)の特別顧問就任を発表した。文枝は2003年から8期15年、会長を務めた。

 また、会長の笑福亭仁智(67)、副会長の桂米団治(61)の2人の再任が決定したことを発表した。任期は2年。仁智は「ピンチをチャンスに変える新体制で、協会一丸となって難局を乗り切りたいと思います」と意欲を語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月30日のニュース