テレ朝退社の大熊アナに社長ねぎらい「本当に心からご苦労様」

[ 2020年6月30日 15:49 ]

テレビ朝日の社屋
Photo By スポニチ

 テレビ朝日の亀山慶二社長は30日の定例会見で、同日付で退社した大熊英司アナウンサー(56)をねぎらった。

 「長きにわたり、いろいろな、主要な番組を担当してもらいましたので本当に心からご苦労様」と述べた。

 大熊アナは87年に入社。報道やバラエティー、スポーツなど幅広く担当。草なぎ剛(45)とユースケ・サンタマリア(49)が出演したバラエティー番組「『ぷっ』すま」では、01~18年にわたって進行役を務め、2人と息ぴったりの掛け合いが人気だった。

 関係者によると、フリーに転身する。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月30日のニュース