東出昌大、比嘉愛未の熱い視線に… 桐谷健太「何を言うてんねんお前!」

[ 2020年1月14日 12:33 ]

テレビ朝日系「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」完成披露試写会に登場した(左から)比嘉愛未、桐谷健太、東出昌大
Photo By スポニチ

 俳優の桐谷健太(39)と東出昌大(31)が14日、テレビ朝日系ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(16日スタート 木曜後9・00)完成披露試写会に登場。撮影中のエピソードについて語った。

 桐谷が熱血刑事・仲井戸豪太、東出がエリート検事・真島修平を演じ、コンビで難事件に挑むダブル主演作。人気ドラマ「HERO」(フジテレビ)シリーズなどで知られる福田靖氏が脚本を手掛ける。

 今作で真逆の性格のキャラクターを演じている桐谷と東出。しかし、比嘉愛未(33)は「役柄はずっとにらみ合っている犬猿の仲なんですけど、実は撮影の合間は本番ギリギリまでずっとしゃべっています」と2人の仲の良さを明かした。

 すると、東出が「きのうも桐谷さんと熱をもって(演技について)話していたら、比嘉さんがずっとこっちを見ていた。“俺ら相当かっこよく映っているんだろうな”と思っていた」と語り、すかさず桐谷が「何を言うてんねんお前!」と鋭いツッコミ。コンビネーションの良さを見せていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月14日のニュース