山里亮太「お金なんかないのに」千鳥大悟の男気明かす「『お前ら運エエなあ』って…」

[ 2019年10月30日 13:30 ]

南海キャンディーズの山里亮太
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(42)が29日放送のテレビ朝日「ロンドンハーツ」(火曜11・25)にVTR出演。先輩にあたる「千鳥」大悟(39)の、若手思いの一面を明かした。

 「相思相愛 ウラ取りグランプリ」と題した企画で、「最も慕っている先輩」の1位として大悟の名を上げた山里。「僕がこの世界、無理だなって思った時に助けてくれた。一生、頭が上がらない」と話して、先輩の男気エピソードを語り始めた。

 「一緒につるんでいた時、大悟さん、先輩だけどお金なんかなくて」。しかし、山里をはじめ、ネゴシックスやダイアン、中山功太など後輩が賞を獲ったり、オーディションに受かったりすると「口ぐせみたいに、『お前ら、運ええなあ。きょうはたまたま金入ってん、寿司行くぞ』って言って、回らない寿司に連れて行ってくれた」という。

 後輩をねぎらうための資金。実は「借金だった。僕らが(オーディションに)受かった時にお金を借りに行っちゃって」と証言し、「だから、初めての賞金は大悟さんに飯をおごるっていうのが僕らの目標だった」と述懐。後輩の証言をVTRで見つめていた大悟は「山里も賞を獲った後、1回だけおごりに来た」と、照れくさそうに話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年10月30日のニュース