石橋貴明 ねるとん“復活”に恋愛観の変化語る「昔のほうがピュアだった」

[ 2019年10月30日 05:00 ]

特別番組について語るとんねるず石橋貴明
Photo By スポニチ

 とんねるず石橋貴明(58)がスポニチ本紙の取材に応じ、11月9日午後8時から放送されるAbemaTVの特別番組「石橋貴明プレミアム」について語った。

 伝説の恋愛バラエティー番組「ねるとん紅鯨団」が25年ぶりに“復活”。「やっぱりドライだよね、今の子は。昔の方がピュアで(恋愛に)だまされていたんだね」と、若者の恋愛観の変化や当時の思い出を語った。

 1987年から約7年間放送された「ねるとん」は一大ブームを巻き起こした。「オーディションで(制作会社のオフィスから)市ケ谷駅まで行列ができてた」と振り返り「原田泰造もいるし」と人気タレントが素人時代に出演していたことも語った。今回の放送では沖縄を舞台に男女16人が恋愛サバイバルを展開。「25年前はポケベルしかなかった。今の子はすぐLINEでグループつくっちゃうから」と“恋愛ツール”の変遷にも触れた。

 当日スタジオゲストには池田美優(21)、満島真之介(30)、「南海キャンディーズ」山里亮太(42)、「平成ノブシコブシ」吉村崇(39)が登場する。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年10月30日のニュース