杉野遥亮 映画初主演、自殺志願の引きこもり役「誰かの心に刺さる作品に」

[ 2019年7月4日 05:45 ]

映画初主演となる杉野遥亮演じる浪人生とダブル主演する福原遥
Photo By 提供写真

 俳優の杉野遥亮(ようすけ、23)が映画に初主演することになった。女優の福原遥(20)とダブル主演する「羊とオオカミの恋と殺人」(11月29日公開)で、自殺志願の引きこもりを演じる。

 漫画アプリ「マンガボックス」で13~16年に連載され、閲覧数1位を記録するなど人気を博した裸村(らーそん)氏原作のコミック「穴殺人」の実写化。引きこもりの浪人生が、壁の穴から隣に住む美女の生活をのぞくことで始まる物語。毎日のぞいているうちに殺人行為を目撃してしまうが、魅力に取りつかれ、交際が始まるラブコメディーだ。

 異色作に朝倉加葉子監督は「ほんわかした杉野君の存在感と、鋭さと愛をたたえた福原さんのほほ笑みがまぶしい、クセになる青春ラブストーリーです」と、絶妙なキャスティングに手応えを感じている。

 杉野にとって今年は飛躍の年となりそうだ。2日にスタートしたTBS系ドラマ「スカム」(火曜深夜1・28)で連ドラ初主演。これまでキラキラしたイケメンの役が多かったが、詐欺師という難役に挑んでいる。4~6月のNHKドラマ「ミストレス~女たちの秘密~」では大人の女性とラブシーンを演じ、色気を漂わせた殻を破る演技が好評を得た。

 今年に入って役者として新たな一面を次々と見せていく中で決まった映画初主演。殺人鬼に恋する引きこもりという難役だが「理解してもらえないのかもしれないけど、彼らの前にあるのは愛しかない。他の人と何ひとつ代わり映えもない世界だからです。全ての人でなくても誰かの心に刺さる作品になっていたらうれしいです」と呼びかけた。

 ◆杉野 遥亮(すぎの・ようすけ)1995年(平7)9月18日生まれ、千葉県出身の23歳。「FINEBOYS」のオーディションで松坂桃李以来7年ぶりに審査員満場一致でグランプリに。映画「キセキ―あの日のソビト―」(17年1月公開)で演技に初挑戦。5月公開の映画「居眠り磐音」にも出演。毎日更新するツイッターも人気。1メートル85。血液型O。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月4日のニュース