山里亮太、バナナマンから結婚Tシャツのお祝いも24万円請求書…蒼井優「払うの?」

[ 2019年7月4日 22:04 ]

「南海キャンディーズ」山里亮太
Photo By スポニチ

 女優の蒼井優(33)と結婚した「南海キャンディーズ」の山里亮太(42)が、3日深夜放送のTBSラジオ「山里亮太の不毛な議論」(水曜深夜1・00)に生出演。サプライズ登場したお笑いコンビ「バナナマン」の設楽統(46)、日村勇紀(47)から“刺激的な祝福”を受けた。

 番組序盤、山里のトーク中にドアが開く音が聞こえ「山ちゃん!!」「山ちゃーん!!どうもバナナマンです」と2人が乱入。山里は「お、お、おー!!」とビックリ。設楽が「ごめんね、突然来ちゃって。結婚のお祝いしなきゃと思って」と話し掛けると、山里は「え、え、Tシャツ…」と2人が着ているTシャツの話題に。

 バナナマンは「分かっちゃった?山ちゃんの記念Tシャツつくってきちゃった」「かっこいいでしょ!」「100枚つくったよ。SとMとLがあるから」と大はしゃぎ。結婚した6月3日の日付と、“生意気ながら優と呼んでます”という結婚発表会見中のコメントを英語にしたデザインで、山里は「うわぁ、すげーよ」と大喜びだった。

 だが、このTシャツプレゼントにはオチが。バナナマンから手紙のようなものを受け取ったが「あれ、ちょっと待ってください…」と山里。「ちょっと待ってください。領収書代って書いてあるんですけど。Tシャツ製作代。宛名が僕宛てになっていて、24万8000円…」とまさかの自腹だと分かり、スタジオは爆笑。

 「うん。100枚だからね。かっこいいでしょ、デザインも」と設楽。「山ちゃん、喜んでいいんだよ」と日村もムチャ振りして盛り上げた。

 バナナマンの退出後、山里は「普通に今めちゃくちゃ嬉しいけど」と喜んでから「蒼井さんも半額出すんだよ~」と電波を通じて妻の蒼井に呼び掛ける場面も。すると、番組中に蒼井からメールがきたといい、「蒼井優さんから“本当に払うの?”って連絡きました。“うん”と僕が返したら“仕事頑張ろう”って」とほのぼのした遣り取りを明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月4日のニュース