南キャン山里、丸山桂里奈の求愛は「キツネと一緒」

[ 2019年4月14日 12:47 ]

短編妄想小説集「あのコの夢を見たんです。」発売記念イベントで誕生日ケーキのローソクの火を吹き消す山里亮太
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(42)が14日、都内で短編妄想小説集「あのコの夢を見たんです。」(東京ニュース通信社)の発売記念イベントを開催した。

 この日42歳の誕生日を迎え、ケーキでお祝いされた山里は「こういう妄想だけではなく、現実に素敵な恋ができるように頑張りたいと思います」と抱負。現在は個人的に誕生日をお祝いしてくれる女性はいないようで「芸能界で俺のことを『好き』って言っている人がいたら教えてください。交際に発展したら言いますから」と報道陣に懇願した。

 一時期、元サッカー女子日本代表の丸山桂里奈(36)から求愛されていた山里だが「プレゼントをもらったりするんです。この間、海外から『山里さんにぴったりだと思って』って渡されたのが枝だったんです。求愛の方法がキツネと一緒なんです」と明かして笑いを誘い、「いろんな人のことを好きっていうから、勝手にフラれたみたいになってる。こういう場を使ってしっかり言ったほうがいいですね、お断りします!」と力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年4月14日のニュース