さんま、長澤まさみとの食事会実現のために使った女優は…

[ 2019年4月14日 22:14 ]

明石家さんま
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの明石家さんま(63)が13日、自身がパーソナリティーを務める「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。“お気に入り”の女性と仲良くなった経緯について明かした。

 さんまは放送中に読まれたリスナーメールで、共演者の飯窪春菜(24)が東京ガールズコレクション(TGC)でさんまがお気に入りと公言している女優・新川優愛(25)と共演することを知と、こんなチャンスはないとばかりに、飯窪へ「新川と友達になって」と懇願。飯窪を使って新川と食事に…と淡い算段を立てていた。

 とはいえ、さんまは新川と番組で共演することも多く、自ら距離を縮めるチャンスがないわけではない。だが「明石家さんまとしてやな、楽屋行って『電話番号教えてくれませんか?』とか言われへん」と、大御所ならではの悩みも吐露。

 さらに、お気に入りの女性として公言していた長澤まさみ(31)と食事に行った時には「浅田美代子さんを使って食事に呼び出した」と告白。一時は交際の噂もあったほど仲の良い浅田美代子(63)の力を借りて実現したことを明かした。

 また、昨年何かと話題になった剛力彩芽(26)については「前まで剛力のやってる番組と俺の番組、一緒の収録日やってん。ほんで(誕生日プレゼントを)楽屋に持ってきてくれたから、俺は(お返しを)マネージャーに渡したりして。それで剛力とは、プレゼント交換になってたんや。それが長年続いて…」といった状況に。いずれにしても自ら意思を伝えるのではなく、あくまで“他力本願”のスタンスであったようだ。

 当然、新川へのアプローチも“他力”に頼らざるを得ない模様。さんまの夢が実現するのも、飯窪の働き次第となりそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月14日のニュース