トキヲイキル 12日から第4回本公演 最大の見どころはタップダンス!

[ 2018年12月10日 17:54 ]

12日から第4回本公演に挑むトキヲイキル。(前列左から岩本琴音、大庭彩歌、原直子。後列左から岸田麻佑、藤松宙愛、伊藤麻希、桃咲まゆ)
Photo By スポニチ

 福岡を拠点に活動するエンターテインメント集団「トキヲイキル」が12日から第4回本公演を行う。メンバーに見どころを聞いた。

 タイトルは「STEP STEP STEP」―。物語の舞台はこれといった魅力のない地方都市「サザナミ市」。唯一知られているのは女子刑務所だった。観光産業が右肩下がりの中から起死回生の企画が持ち上がる。それは市役所と女子刑務所がタッグを組んで観光客招致のため、受刑者たちでダンスパフォーマンスをやってみるというものだった。この荒唐無稽な企画が通ってしまい、状況は予想だにしない展開に…というストーリー。コメディー作品になっている。原作・脚本をA・ロックマン氏。演出、音楽は柏原収史氏。主演はchelu(劇団トキヲイキル)だ。

 物語の注目は受刑者たちのダンスパフォーマンスで出てくるタップダンスだ。受刑者役は7人おり、トキヲイキルのメンバーでは、原直子(29)、大庭彩歌(28)、岩本琴音(18)が挑戦する。「めっちゃ難しい」と原。大庭も「早いリズムに合わせてやるのがめちゃくちゃ難しい。このままで本番を迎えたくない」と鍛錬を続けているだけに、出来具合に注目だ。

 今年は3公演を行うなど、舞台経験を積みメンバーの経験値はまた上がった。来年してみたい作品について聞くと、桃咲まゆ(24)は「ファンタジー系の作品に挑戦してみたい」と意欲。岸田麻佑(27)は「本格的な殺陣をしてみたい」。10月に映画「あの日に帰りたい」で初主演した岩本は「コメディーはしていきたい」。女子プロレスラーでもある伊藤麻希(23)は「女子プロレスラーの話がしたい。私は3枚目の役がいいですね」と笑いを誘った。

 公演は12日〜16日。12日は夜公演のみ。13〜16日は昼夜公演がある。会場は福岡市博多区のぽんプラザホール。出演メンバーはトキヲイキル(原直子、岸田麻佑、桃咲まゆ、大庭彩歌、伊藤麻希、岩本琴音、藤松宙愛)。劇団トキヲイキル(chelu、天野なつ、井上未優、井上真里奈)大木梨渚、壇世理奈、柴田伊吹、あわたかれん、小田樹。詳しいお問い合わせは主催ジョブ・ネットtokiwoikiruticket01@gmail.comまで。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年12月10日のニュース