阿部寛主演「下町ロケット」第9話は12・6% 初回から連続2桁キープ

[ 2018年12月10日 11:30 ]

TBS「下町ロケット」で主演を務める俳優・阿部寛
Photo By スポニチ

 俳優の阿部寛(54)が主演を務めるTBS日曜劇場「下町ロケット」(日曜後9・00)の第9話が9日に放送され、平均視聴率が12・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが10日、分かった。

 経営難に追い込まれた下町の町工場・佃製作所が技術力により困難を打ち破る様を描き、列島に感動を呼んだエンターテインメント巨編の3年ぶり続編。

 初回は13・9%で、第2話は12・4%。第3話はプロ野球・日本シリーズ「広島×ソフトバンク第2戦」(フジテレビ、後6・30〜9・54)、宇野昌磨(20)が逆転優勝したフィギュアスケート「GPシリーズ第2戦・カナダ大会」(テレビ朝日、後9・00〜11・05)に挟まれ苦戦も予想されたが、両番組を上回る14・7%をマーク。その後も第4話13・3%、第5話12・7%、第6話13・1%、第7話12・0%、第8話11・5%と好調をキープしていた。

 第9話は、農業機械の展示会で、醜態を晒してしまった帝国重工の無人農業ロボット「アルファ1」の信用回復のため原因究明に奔走する的場(神田正輝)や奥沢(福澤朗)たちは、最初から自分たちの落ち度の可能性は認めず、野木(森崎博之)の自動走行制御システムに問題があったと結論づける。しかも、その原因を究明するにあたり、開発コードをよこせと無理難題をふっかけてくる。そんな時、親友である野木から窮地の知らせを聞いた佃(阿部寛)は怒りに震え、財前(吉川晃司)にある提案をする…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年12月10日のニュース