日テレ川畑一志アナ 今年2月に結婚していた 「3分クッキング」5代目男性アシスタント就任

[ 2018年10月15日 07:00 ]

「キユーピー3分クッキング」5代目男性アシスタントに就任、今年2月に結婚していたことが分かった川畑一志アナウンサー(C)日本テレビ
Photo By 提供写真

 日本テレビの川畑一志アナウンサー(29)が今年2月に結婚していたことが14日、分かった。同局「キユーピー3分クッキング」(月〜土曜前11・45)の5代目男性アシスタントに就任し、11月5日放送分から登場。同局の水野葉子プロデューサーが「彼は今年2月に結婚したばかりの新婚さん。家でもキッチンに立って奥様に腕を振るうことも多いそうで、歴代の男性アナウンサーの中では一番料理をしていると思います」と明かした。

 1963年にスタートした長寿料理番組。川畑アナは慶大経済学部から2013年に入社した6年目。現在は「Oha!4 NEWS LIVE」(月〜金曜前4・00)やスポーツ中継を担当している。07年には「第20回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」ファイナリストに選ばれ、大学在学中に芸能活動も行った。

 「3分クッキング」の男性アシスタントは徳光和夫氏(77)、元アナウンサーの高橋雄一氏(42)、寺島淳司アナウンサー(45)、山本紘之アナウンサー(30)に続く5代目。川畑アナは「技術の進歩などで生活が目まぐるしく変わる昨今ですが、『家族に元気で過ごしてもらうために、おいしいごはんを食べさせたい。できれば簡単に!』という気持ちは、これからも変わらないはず。日々台所に立つ皆さんのそんな気持ちに応えるべく、先生がレシピに込めた思いを言葉に変え、分かりやすくお届けしたいと思います。そしてアシスタントを務めながら、皆さんと一緒に食卓を彩る腕を磨いていけたら、うれしいです」と意気込んでいる。

 水野プロデューサーは「童顔で、一見新人アナウンサーかと見まがうほどフレッシュな雰囲気漂う川畑アナウンサーですが、実は入社6年目。スタジオ生放送にロケに中継にと、しっかり実績を積んできた頼れる男。スポーツ中継で培ったフットワークの軽さと持ち前の安定感で、先生方を上手にアシストしてほしいです」と期待。

 「また彼は今年2月に結婚したばかりの新婚さん。家でもキッチンに立って奥様に腕を振るうことも多いそうで、歴代の男性アナウンサーの中では一番料理をしていると思います」と明かし「先生のお手伝いで、実際に手を動かすことも多いのがこの番組のアシスタント。日頃の料理は生かせるのか?私も楽しみに見守りたいと思います」とコメントした。

 4代目の山本アナは10月19日放送分で卒業。「食材の特徴や味付けの仕方など料理の奥深さを学んだ一方、『おいしい料理を作りたい』という思いこそが一番大切だということに気付くことができました。1年9カ月間、ありがとうございました」と昨年1月からの出演を振り返り、感謝した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年10月15日のニュース