道端カレン 股関節唇損傷で手術 無事終了し「来年はトライアスロン復帰したい」

[ 2018年10月5日 13:36 ]

モデルの道端カレン
Photo By スポニチ

 モデルの道端カレン(39)が5日、自身のブログを更新。股関節唇の損傷のため右股関節の手術を受け、無事終了したことを報告した。カレンは6月にも股関節唇損傷のため手術を受けている。

 「先日、右股関節の手術が無事終わりました」と報告。「6月に行った手術とは逆脚の股関節です。右股関節も左同様のFAI股関節インピンジメントという先天的な骨形状から、股関節唇の損傷がありました。痛みが出たのは左股関節の松葉杖が取れて歩けるようになった頃からで、7月の末に精密検査を受けました」と詳細をつづった。

 今後については「松葉杖がひと月と、その後も徐々に着地衝撃などがない自転車から乗れるようになり、最後にはランニングも出来るようになるはずですので、今はリハビリをしながら気長に、そして来年はトライアスロンのレースへも復帰したいと思っています」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年10月5日のニュース