“最低弁護士”米倉涼子 悪女に手を差し伸べる! 清張原作「疑惑」テレ朝来年放送

[ 2018年6月19日 05:00 ]

テレビ朝日のドラマ「疑惑」で共演する米倉涼子(左)と黒木華
Photo By 提供写真

 女優の米倉涼子(42)が、テレビ朝日のスペシャルドラマ「疑惑」(来年放送予定)に主演する。

 松本清張の小説が原作で、真相解明のためなら手段を選ばずブラック企業も勝訴に導くため“最低の弁護士”とやゆされる主人公。米倉はこれまで「黒革の手帖」など多くの清張作品で悪女を演じてきたが、今回は悪女に手を差し伸べる。82年の映画版では岩下志麻(77)が演じた役どころだ。

 保険金殺人の疑惑がかかる悪女役の黒木華(28)とは初共演。芝居で対峙(たいじ)し「圧倒されてプロデューサーに“私、負けたっぽい”と漏らした」と振り返り「化学反応はとても刺激になるし、いい形で影響し合えたら」と意欲。黒木は悪女役初挑戦で「悪の魅力もちゃんと出したい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年6月19日のニュース