PR:

藤井六段、最年少七段に王手 竜王戦5組準決勝進出

竜王戦のランキング戦5組準々決勝で阿部光瑠六段(左)に勝利し、対局を振り返る藤井聡太六段
Photo By 共同

 将棋の最年少棋士、藤井聡太六段(15)が10日、東京都渋谷区の将棋会館で指された竜王戦5組ランキング戦準々決勝で阿部光瑠六段(23)に136手で勝ち、4強に進出した。次の準決勝に勝てば、規定により史上最年少で七段に昇段する。

 普段は手を読む際に扇子を触りながらリズムを取る藤井だが、この日は持参し忘れたのか使用しなかった。中盤で優位に立ったものの、阿部に守りを固められ一気に決め損ねた。「ミスが出てしまい、最後の最後まで分からない将棋になった」。両者5時間の持ち時間を使い切って1分将棋が40手以上続き、最後は少し疲れをにじませた。

 5組ランキング戦では、決勝に進めば来期4組への昇級が決定。前期も6組から昇級している藤井は規定により2期連続昇級で七段に昇段し、加藤一二三・九段(78)の持つ17歳3カ月の最年少記録を塗り替える。それでも「本戦(トーナメント)を目指して頑張りたい」と、目先の昇段より先にある目標をしっかり見据えた。

 準決勝は5月上旬ごろで、船江恒平六段(30)―石井健太郎五段(25)戦の勝者(13日決定)と対戦する。驚異的なスピードで将棋界の階段を上り続ける藤井が、早くも今年3度目の昇段に大きく近づいた。

[ 2018年4月11日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:09月26日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル