東国原氏「森社長襲撃案あった」 思いとどまった軍団に安ど「大人になった」

[ 2018年4月11日 15:44 ]

東国原英夫氏
Photo By スポニチ

 元衆議院議員でタレントの東国原英夫氏(60)が11日、TBS系「ゴゴスマ〜GO GO!Smile!〜」(月〜金曜後1・55)の生放送に出演。師匠ビートたけし(71)のオフィス北野からの独立にまつわる騒動に言及した。

 番組では総点検と題して、騒動における当事者の行動をそれぞれ検証。東国原氏は「社員の一部に20代で年収1800万円の人間がいる」と発言し、その後訂正した軍団の井手らっきょ(58)を「もうやめているけど、実際にそういう社員がいた。その頃のイメージが残っていたんじゃないかな。悪気はない」とフォロー。

 続けて、騒動全体を振り返り「誰が得したのかなと考えると博士かな」と水道橋博士(55)の名前を挙げ、博士が運営するYoutubeチャンネルの再生回数が20倍以上になっていることを指摘。「博士がおいしい思いをしている」と語った。

 また、東国原氏はつまみ枝豆(59)の対応を評価していると切り出し「武闘派・つまみ枝豆がよくキレなかった」と説明。「一部で森(社長)襲撃案もあった」と明かして、共演陣を驚かせ、「一部で襲撃案がささやかれたらしいんですよ。そうなると武闘派のつまみ枝豆が先頭になる。よく踏みとどまった。大人になった」と安どの表情を浮かべていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年4月11日のニュース