山尾氏の不倫疑惑弁護士起用 テリー伊藤「メンタルの強さを感じる」

[ 2017年11月9日 09:42 ]

演出家のテリー伊藤
Photo By スポニチ

 演出家のテリー伊藤(67)が9日、TBS「ビビット」(月〜金曜前8・00)に出演。週刊誌でダブル不倫疑惑を報じられた相手弁護士を事務所の政策顧問に起用する意向を固めた山尾志桜里衆院議員(43)について「メンタルの強さを感じる」「政治家としては面白い」とうなった。

 山尾氏は9月、週刊文春で妻子ある倉持麟太郎弁護士との交際疑惑を報じられて民進党を離党。10月の衆院選には無所属で立候補。選挙期間中は「やましいことは一切ない」と疑惑を否定し続け、愛知7区で自民党の前職との一騎打ちを制し3選を果たした。山尾氏は立憲民主党の衆院会派に所属、憲法審査会の委員となっている。

 番組では、山尾氏の後援会長を直撃。会長は今回の顧問起用について「タイミングでいうとNO」と異を唱え、続けて「一般市民の受け止め方を大事にしてほしい。そういう意味では“今でしょ”ってことではない」と苦言を呈した。

 木曜コメンテーターを務める、料理愛好家の平野レミを義母に持つ食育インストラクターの和田明日香は女性の立場から「彼(倉持氏)がいないと安倍さんと戦えないって言っているようで。ちょっと女の部分が見えるのも気持ち悪いかな」と意見。テリーは疑惑相手の倉持氏とタッグを組むことで「いい政策ができれば僕はいいと思う」と理解を示しつつ「地元の方の不安があるのが事実なら、その声を聞きながら地元をしっかり回って説明することが大事」と話した。

 さらにテリーは、当選直後のこの時期に顧問に起用したことにも触れ「ほとぼりが冷めてから起用するより、今(顧問として)入れ方が山尾さんのメンタルの強さを感じる」とし「政治家としては面白い」と持論を述べていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年11月9日のニュース