たけし テレ東生番組2日ぶり出演 無断欠席から一夜「大犯罪者みたいじゃないか」

[ 2017年10月5日 07:30 ]

ビートたけし
Photo By スポニチ

 お笑いタレントのビートたけし(70)が5日、テレビ東京の冠番組「おはよう、たけしですみません。」(前7・30〜8・00)の生放送に姿を現した。前日4日には“無断”欠席。最後まで姿を見せなかったことが話題となったが、この日は、2日ぶりに爆笑問題の太田光(52)と浅草キッドの水道橋博士(55)の3人がそろった。

 点滴に病人メークで登場したたけしは自身の欠席を大々的に伝えるスポーツ紙を手に「大犯罪者みたいじゃないか」とぼやき。「本当は来たくてしようがなかった」と釈明しながらも、欠席の理由については「起きて足がつった」「犬が調子悪かった」と冗談とも本気ともつかない言い訳を並べ、けむにまいた。

 番組では、画面右上に「たけしさん…今日は無事に来ました!!」とテロップを表示して、たけしの出演を歓迎。それでもこの好待遇に、太田と水道橋博士は不満顔。「反省してください」「来てくれてこんなに喜んでくれるって。来るのが当たり前なんですから」(水道橋博士)、「いいかげん干されますよ」(太田)と、その自由奔放ぶりを嘆いていた。

 たけし不在という緊急事態の中、太田と水道橋博士が時事問題など語り合った4日の放送。番組側は放送前、通常通りに準備を進めていたが、オンエア1時間前にマネジャーを通じて同局に「行かない」と連絡があった。たけしの運転手によると「この2日間の苦情に耐えれない」と漏らしていたという。

 欠席の理由が分からず同局側は困惑。高砂佳典プロデューサーは「たけしさん、明日(5日)は本当に来てください」と懇願していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年10月5日のニュース