ほな・いこか 命名に不満もゲス川谷は「才能は本当にすごい」

[ 2017年7月10日 12:28 ]

「ゲスの極み乙女。」のドラマーほな・いこかこと、さとうほなみ
Photo By スポニチ

 ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のドラマー、ほな・いこか(27)が9日、日本テレビ系「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)に女優のさとうほなみとして出演した。

 バンドでの「ほな・いこか」ではなく、「さとうほなみ」名義で女優としての活動を始めたことでゲスト出演。ほな・いこかの命名はボーカル・川谷絵音(28)で、まさかのメールでの事後報告だったといい、「ちょっとフザけすぎてる」「正式に気に入ってはいないです。呼ばれたこともないし」といまだに納得していない様子。番組MCの東野幸治(49)から「例の一件はざまぁみろやね」と川谷のベッキーとの不倫騒動についてイジられると、「あははは」と声を出して笑い、否定しなかった。

 東野から「“あの時”も家族とか友達とかにいろいろ聞かれたでしょ?」と追及されると、「そうですね」と苦笑。さとうは「私も全然知らなくて、そういう報道が出るよって雑誌が出る前に言われて…。出た時にコンビニで見て、“あー!やばーい!”って」とその衝撃を笑いながら振り返った。25歳の時に結婚したことを明かしつつ、活動休止期間中は「旅行も行かなかった。休止の期間は変にお金も使うのも怖い。事務所もないので」と話した。

 バンドは12年5月に結成し、14年4月にミニアルバムでメジャーデビュー。「(結成から)1年ちょっとで(デビューが決まった)。すぐ曲が出てくるので、あの人の才能は本当にすごいなと思う」と川谷の才能を称賛した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年7月10日のニュース