当て逃げ同乗の武智、仕事激減…ノンスタ井上に怒り心頭「なんだこの差は」

[ 2017年5月23日 13:15 ]

お笑いコンビ「スーパーマラドーナ」の武智
Photo By スポニチ

 昨年12月に当て逃げ事故を起こした「NON STYLE」井上裕介(36)と、車に同乗していたお笑いコンビ「スーパーマラドーナ」の武智(38)が22日放送のMBS「明石家電視台」(月曜後11・58)に出演。事故後初共演し、当時の状況をあらためて振り返った。

 共演だけでなく、今回の収録が事故後初めての対面となった井上と武智。2人は、事故当時の車内のやりとりを再現した。井上が運転する乗用車がタクシーに当たった際、武智が「今、当たったんちゃう?」と確認したところ、井上は「え?」と思っただけだったという。次の信号で止まった時に、再び武智が「一回(車から)降りた方がええんちゃう?」と促すと、井上はルームミラーを見て「後ろの運転手さん、降りてこうへんし当たってないんちゃうか」と、そのまま走り出したことが明かされた。

 また、井上の謹慎が明けてからの両コンビの明暗について触れる場面も。ノンスタが順調に活躍する一方で、スーマラは仕事が激減。武智は「(井上は)めちゃくちゃ出てるじゃないですか。僕はあの時の車に乗ったまま。ずっと乗ってる状態」と不満をもらした。

 井上は「“今は自分と(相方の)石田の事だけを考えて生きていけ”と言ってもらった」と、武智の支えに感謝したが、その武智は「いざ復帰したら、怒とうのテレビ出演。だんだん腹が立ってきた。なんやこの差は、と」と不満顔。さらに、事故後のストレスで人生初の円形脱毛症になったことも明かし、最後は「何でお前、(毛が)生えてんねん!お前がなれや」と井上に怒りをぶちまけていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年5月23日のニュース