野口五郎 イケメン息子のスカウト告白「追いかけている」

[ 2017年4月22日 15:09 ]

歌手の野口五郎
Photo By スポニチ

 歌手の野口五郎(61)が22日放送の日本テレビ「メレンゲの気持ち」(土曜後0・00)にゲスト出演。12歳になる長男が芸能プロダクションに追われるほどのイケメンであることを明かした。

 野口は妻でタレントの三井ゆり(48)との間に、14歳の長女、12歳の長男の2児をもうけている。子供たちについて「何でも言ってくれるし、仲の良い友達みたいな感じ」と仲がいいことを明かし、「学校行事にも行きますよ。この間は息子の卒業式も行きました。先生からとてもいいお子さんですと褒められて、嬉しかったですね」と笑顔を浮かべた。

 野口家の家庭円満の秘けつとして「朝は必ず笑顔であいさつ」「食卓は必ず父が盛り上げる」「『でも』『だって』は言わない」と3つのルールを設けていることを

 番組では、顔を出さないで、子供たちとのプライベート映像も紹介。長男は野口とキャッチボールをしたり、長女が弾くピアノに合わせ、野口と2人でハモリながら歌う姿なども放送された。

 長男の姿に司会の久本雅美(58)も「振り返ってほしかった、男前だろうね」と興味津々。これに対し、野口は「学校から帰ってくると、名刺とか手紙とかいろんなプロダクションを持ってきますよ。どこかの事務所がずっと追いかけているみたい」とまんざらでもない様子。スカウトマンは野口の息子だということは「知らない」といい、「奥さんがそばにいても気づかないみたい、息子しか見ていないみたい」と続けた。

 そんな長男へのアンケートも実施。父親が芸能人で得したことは?との質問には「時々、高級な食べ物が送られてくる」ことだといい、損したことは「顔も似ているらしく、初めて会う人には必ず、将来、歌やるの?と聞かれる」と回答した。野口も「本当に似ているんです。僕の小さいころの写真を見て、本人が『しかし、似てるな』って。本当にすごい似ているんです」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年4月22日のニュース