美川憲一 説得力ないご意見番にテリー、アッコ、オリラジ中田

[ 2017年4月22日 14:45 ]

美川憲一
Photo By スポニチ

 歌手の美川憲一が22日放送の関西テレビ「胸いっぱいサミット」(土曜後0・00)にゲスト出演。乱立する“芸能界のご意見番”について持論を展開した。

 番組では、増えている芸能界のご意見番について、関西の視聴者を対象に、アンケートを実施。説得力のある、ないご意見番をそれぞれランキング形式で紹介した。

 説得力のあるご意見番は、1位がマツコ・デラックス(44)、2位がビートたけし(70)、3位が松本人志(53)だった。マツコについて、美川は「キャリアが浅いわ」と一言。「彼女のことも良く知っているし、苦労している分、いろんな引き出しを持っている」とし、「彼女は吠えていろいろ言ってるけど、ご意見番って思われているけど、私からしたらまだ説得力がないかな」とバッサリ。それでも「頭のいい人だし、この人は生き残るはね!」と芸能界の生き残りには太鼓判を押した。

 たけしについては「殿になりすぎよ」とピシャリ。「周りがそういうほうにもっていっている。タレントとかご意見番は超越して、殿になっているのよ」と続けた。松本については「最近、一皮むけてきた。渋みが出てきて、いつもブスってしているけど、丸みが出てくる。ワイドショーでも的確なことを言っている。ご意見番に近づいてきたなと思う」と評価した。

 説得力のないご意見番は、1位オリエンタルラジオの中田敦彦(34)、2位が和田アキ子(67)、3位がテリー伊藤(67)だった。和田については「ご意見じゃなくて、ただキレているだけ。そのくせ、アッコファミリーには甘すぎる」などと視聴者の意見が紹介されると、美川も「彼女と電話で話した時に、ただ怒っているだけで、少しも愛情がないわねって直接話した。言ってる言葉には愛があったらいいと言ってあげた」と和田に直接意見した過去を告白。「そういったら、わかった、ありがとうって。凄い素直なのよ。凄く吹っ切れて、今は変わったわ」と話した。

 中田については「この人がご意見番みたいに言われるのがわからない」と首をひねった美川。「最近、面白くないんじゃない?なんか構えちゃって、前に出そうと思っているから。お笑いはやってるの?あまりイメージなくなっちゃった」と切り捨てた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2017年4月22日のニュース