キスマイ藤ケ谷、V3「夢に見ていた」ベストジーニスト殿堂入り

[ 2016年10月11日 13:30 ]

<第33回「ベストジーニスト2016」授賞式>一般選出部門の女性部門を受賞した菜々緒
Photo By スポニチ

 ジーンズの似合う著名人に贈られる第33回「ベストジーニスト2016」が11日、都内で発表され、一般投票で選ばれる「一般選出」の男性部門に「Kis―My―Ft2」の藤ケ谷太輔(29)、女性部門にモデルで女優の菜々緒(27)が選ばれた。菜々緒は初受賞で、藤ケ谷は3年連続の受賞となり「永久ベストジーニスト」殿堂入りを果たした。

 藤ケ谷は「(殿堂入りに)ありがとうございます。投票してくださった方、ありがとうございます。皆さんのおかげで憧れている舞台に3度も立つことができ、夢に見ていた殿堂入りもできた。本当にありがとうございます」と感謝。菜々緒も「この歴史ある賞を受賞させていただいて、感激しております。今月、誕生日なんですが、最高のプレゼントです」と満面の笑みを浮かべた。

 ベストジーニストは、日本ジーンズ協議会がジーンズを着る楽しさを多くの方に知ってもらおうという趣旨で1984年にスタート。「一般選出部門」はもっともジーンズが似合う有名人として昨年10月からことし8月までの間、ハガキやWeb投票による一般投票で男女が選ばれる。藤ケ谷は5万2716票、菜々緒は2万5831票を獲得した。

 これまで殿堂入りした芸能人は「SMAP」の木村拓哉(43)と草なぎ剛(42)、浜崎あゆみ(38)、「KAT-TUN」の亀梨和也(30)、倖田來未(33)、「嵐」の相葉雅紀(33)、ローラ(24)で、藤ケ谷は8人目となる。

 協議会選出部門では、NHK大河ドラマ「真田丸」での演技が注目を集めた俳優の草刈正雄(64)、トップモデルでありながら、文筆業、絵画にも秀でた才能が認められたモデルで作家の押切もえ(36)、インスタの女王として人気を集めるお笑い芸人の渡辺直美(28)がそれぞれ受賞。草刈は「待ってました。この賞は若い時から絶対いただききたかったです。夢が叶いました」と歓喜。押切は「30代半ばでこの賞がいただだけると思っていなかったので嬉しい」と笑顔を見せた。渡辺は「今まで、100キロ超えの受賞者はいなかったと思うので、本当に嬉しく思っています。今までにないぐらい緊張してます」と話した。

 また、特別貢献賞として人気アニメ「ONE PIECE」も表彰された。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年10月11日のニュース