「チキチキジョニー」豪栄道を絶賛 石原「号泣しました」

[ 2016年9月26日 08:30 ]

日本相撲協会キャラクターのひよの山(左端)と組む「チキチキジョニー」の石原祐美子、赤鷲(右端)と組む同・岩見真利

 相撲好きお笑い女性コンビ「チキチキジョニー」の石原祐美子(41)、岩見真利(42)が25日、本紙取材に秋場所で全勝優勝した豪栄道を絶賛した。「昨日(14日目)も泣いたけど、優勝インタビューを聞いてまた、号泣しました」と石原。「同じ大阪出身。自分たちの賞レースの励みにもなります」と豪栄道の出身地・寝屋川市のお隣、門真市出身の岩見も感激の面持ちだった。

 年末の賞レース「THE MANZAI 2011」ファイナリストの2人は初優勝を決めた24日、寝屋川市役所へ足を運び、パブリックビューイングで市民と喜び合った。特に家族の影響で子供の頃からのファンの石原は号泣。岩見はその姿に「ちょっと引いてしまって、自分は泣けなかった」と苦笑いした。

 岩見によると、石原は場所前からその優勝を予言した。「(綱獲りの)稀勢の里関に注目が集まる中、相方(石原)は“豪栄道関の強さが戻ってるんで、優勝する気がする。夢でも見た”とずっと話してました」と回想。今春から本場所真っ最中に開催地でファンらと相撲談議をするイベント「OH!相撲ナイト」を始めた。秋巡業がエディオンアリーナ大阪である10月16日も会場近くで計画中だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年9月26日のニュース