元KAT―TUN 田口淳之介が活動再開 11月シングルリリース

[ 2016年9月1日 13:47 ]

 人気グループ「KAT―TUN」を脱退した田口淳之介(30)が1日、芸能活動を再開することを自身の公式サイトで発表した。

 田口は公式サイト内のNEWSで「これからの希望いっぱいで、またみんなの前に帰ってきます!」と活動再開を宣言。11月にはシングル「Hero」をリリースし、オフィシャルファンクラブも立ち上げて、今後はイベントなども行っていく。

 田口は「ずっと応援してくれているみんなも、はじめましての方も、こんにちは。田口淳之介です」とあらためて自己紹介。「今はただ正直に、自分の力で、大切な人たちのために、音楽で盛り上がりたい人たちのために、そして自分自身のために、最高の音楽とステージを作り楽しみたい気持ちで一杯です」と現在の心情を明かし、「これから、みんなが笑顔で楽しめるように歌い、踊り、ありのままの自分を見せていきます!」と意欲。「ずっとついて来てください。男らしく格好良い俺を見せるから!」とファンに呼びかけた。

 また「追伸」として地震や台風の被災者に向けて「心からお見舞い申し上げます。大変だと思いますが、負けないで頑張って下さい。僕も音楽で応援出来るよう、心を込めて歌い、活動していきます」とメッセージを送った。

 公式サイトのプロフィルではKAT―TUNについて触れておらず、これまでの経歴に加え「30代を迎え、ソロ・アーティストとして新たなスタートを切る」と紹介。今後について「自身の中で一番大きな位置を占める<音楽>を軸として、時代の鼓動と共に伸びやかな表現を更に覚醒させていく」としている。

 KAT―TUNは2001年に6人で結成、06年3月22日にメジャーデビューした。10年に赤西仁(32)、13年に田中聖(30)が脱退、今年3月31日に田口がジャニーズ事務所退社したことで、グループは5月1日の東京ドーム公演で充電期間に入り、メンバー3人はソロで活動している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2016年9月1日のニュース