中山美穂 主演ドラマで竜星涼を自分好みに「調教のしがいがある」

[ 2016年8月19日 21:56 ]

ドラマ「賢者の愛」完成披露に出席した中山美穂

 女優の中山美穂(46)の約2年ぶりの連続ドラマ主演となるWOWOW「賢者の愛」(20日スタート、毎週土曜後10・00)の第1話の完成披露試写会が19日、都内のホールで行われた。

 中山は、初恋相手と結婚した親友の息子を自分好みに調教していくという衝撃的な役どころ。「こういう展開はやったことがなかったので、ぜひやってみたいと思った。憎しみを心にとどめて生きていくことは絶対にできないので難しいけれど、物語にとって重要なポイントなので1つ1つのシーンを丁寧に、人間の汚い部分を出すことで、より人間らしく映ればいい」と新境地に意欲を見せた。

 調教される側になる竜星涼(23)は、「まさかお尻をこんなに見てもらう形になるとは思ってもみなかった」と苦笑い。撮影のファーストカットが中山とのキスシーンだったそうで、「それ以外のシーンはなかったのかと思ったけれど、濃厚なシーンばかりで刺激は強めです。プレッシャーしかないですが、優しく接していただいているので楽しみながらやらせてもらいました」と、中山に身をゆだねた様子だ。

 親友役の高岡早紀(43)は、中山との20代の頃を演じたシーンを振り返り「美穂さんが入ってこられた時、まさに20年前の姿のままだったので衝撃的だった。あの中山美穂だ、と思った瞬間でした」と絶賛。中山も「大丈夫だったかな?」と不安をのぞかせつつも、まんざらでもない表情を見せた。

 ドラマは山田詠美さん(56)の同名小説が原作。全4話で第2話以降、さらに衝撃的な展開になっていくそうで、中山は「盛りだくさんですごいです。怖い。竜星くんは調教のしがいがあるけれど、復しゅうが目的だったはずがどんどん純愛に変わっていく。一瞬も見逃せません」とPRに努めていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年8月19日のニュース