安住アナ 結婚しないワケ 細かすぎるダビングルール「2~3人去った」

[ 2016年5月20日 22:45 ]

安住紳一郎アナウンサー

 TBSの安住紳一郎アナウンサー(42)が20日放送の同局「ぴったんこカン・カン」(金曜後7・56)に出演。女優の樹木希林(73)から結婚しない理由を問われた。

 「好きな男性アナウンサーランキング」(オリコン調べ)は2009年に5連覇を達成して殿堂入り。昨年9月に歌手で俳優の福山雅治(47)が結婚した際、「週刊文春」11月12日号が実施した緊急アンケート「結婚したい男」で、1位の俳優・佐々木蔵之介(48)に次ぐ2位にランクインした人気者。

 安住アナは「自分で決めている生活のルールがあるんですよ。結講それが細かったり厳しかったりするので。それに付いてこられる共同生活者があまりいないというが実際のところ」と告白。

 「一番、細かいことは?」と追及されると「テレビ番組のダビングを番組の開始ちょうどからしてほしくないんです。前コマーシャル3つくらい入れてほしいんですよね。どういう助走を経て、その番組のオープニングを見ているのか察してほしいという話をして、2~3人去っていきましたね」と打ち明けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年5月20日のニュース