織田信成 羽生結弦の藩主役に不満「殿様といえば僕」

[ 2016年5月5日 05:30 ]

映画「殿、利息でござる!」のイベントにゲストで登場した織田信成

 プロフィギュアスケーターの織田信成(29)が4日、都内で行われた映画「殿、利息でござる!」(14日公開)のイベントにゲストで登場した。

 江戸時代の仙台藩が舞台で、フィギュアスケート男子の羽生結弦(21)が藩主役で出演。織田は戦国武将・織田信長の末裔(まつえい)で「フィギュアスケートの殿様といえば僕。なぜオファーが来なかったのか」と不満爆発。「続編があればぜひ殿を演じたい」とアピールした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2016年5月5日のニュース