PR:

小林幸子 幸子米を被災地に 「中越」震源近くで栽培

東京・台場の商業施設「ダイバーシティ東京」の4周年記念イベントに登場した小林幸子

 演歌歌手の小林幸子(62)が18日、東京・台場のダイバーシティ東京で行われた同所の4周年記念イベントで、故郷・新潟県で栽培している「幸子米」を熊本地震の被災地に届ける考えがあることを明かした。

 04年の新潟県中越地震を忘れないようにと、震源近くの長岡市山古志にある約500平方メートルの田で06年に稲作を始めた。熊本地震の被災地に米を提供する可能性を問われ「考えています」ときっぱり。自身の田は6月初旬に田植えし、備蓄もないことから、所属事務所の関係者は「量を確保できるかなど近隣自治体とも相談し、できることを精査したい」とした。

 熊本地震で震度7を観測した14日は福岡県にいたという。「被災された方の姿を見ると心が痛い」と表情を曇らせた。

[ 2016年4月19日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:05月25日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル