嵐・大野が主演、波瑠共演「世界一難しい恋」初回視聴率は12・8%好発進

[ 2016年4月14日 09:34 ]

女優の波瑠

 嵐・大野智(35)が主演を務める日本テレビ「世界一難しい恋」(水曜後10・00)が13日に10分拡大でスタートし、初回の平均視聴率は12・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが14日、分かった。

 リゾートホテルチェーンの若き社長で収入も多く、独身だが性格に難があり、人望のない鮫島零治(大野)が初恋に目覚めていく姿を描くラブコメディー。共演は波瑠(24)。NHK連続テレビ小説で今世紀最高となる期間平均視聴率23・5%を記録した「あさが来た」のヒロインを務めた後、初のドラマ出演となった。

 脚本はフジテレビ「プロポーズ大作戦」「ハチミツとクローバー」日本テレビ「きょうは会社休みます。」などで知られる金子茂樹氏。演出は中島悟氏と菅原伸太郎氏。

 初回は、ホテルチェーンの社長・零治(大野)は気難しく、気に入らない社員を次々と解雇する冷酷な男性で、社員たちは彼を恐れ敬遠していた。ある日、ホテルの視察に行った零治は、大浴場で掃除をする美咲(波瑠)と出会う。美咲は中途採用された女性で、研修のために各地のホテルを回っていた。零治に対しても物おじせずに意見を言う美咲に、零治は妙な動揺を感じる…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年4月14日のニュース