「ごきげんよう」最終回視聴率は3・3% 昼の顔31年に幕

[ 2016年4月1日 09:30 ]

「ライオンのごきげんよう」最終回を迎えた小堺一機(C)フジテレビ

 タレントの小堺一機(60)が司会を務めたフジテレビ「ライオンのごきげんよう」(月~金曜後0・55)の最終回が3月31日に生放送され、平均視聴率は3・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが1日、分かった。

 1984年に前身番組「ライオンのいただきます」がスタート。91年に「ライオンのごきげんよう」にリニューアルされ、小堺は約31年にわたり、お昼の顔として親しまれた。通算放送回数は7847回、出演ゲストは1万9000人以上、ゲストがサイコロを振った回数は19459回を数えた。

 小堺は最後のあいさつで「最初ドッキリと思って始まったこの番組が31年も続きました。今日で長いドッキリが終わります。充実した31年と半年でした。ありがとうございました」と感謝を述べた。

 番組歴代最高視聴率は1993年4月29日の22・2%だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2016年4月1日のニュース