日テレ2年連続で年間視聴率3冠 引き続きレギュラー番組強く

[ 2016年1月4日 09:15 ]

日本テレビが年間視聴率2年連続3冠。新設ドラマ枠は「デスノート」が話題に(左)。スポーツはラグビーW杯を地上波独占中継した

 日本テレビは4日、2015年の年間平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が全日(午前6時~翌日午前0時)ゴールデン(午後7~10時)プライム(同7~11時)の各時間帯で首位になり、2年連続の「3冠」を達成したと発表した。

 全日が8・6%、ゴールデンが12・6%、プライムが12・5%だった。対象は14年12月29日~16年1月3日。14年は全日が8・4%、ゴールデンが12・6%、プライムが12・5%。

 視聴習慣が根付き、レギュラー番組が引き続き好調。日曜夕から夜の「笑点」「真相報道バンキシャ!」「ザ!鉄腕!DASH!!」「世界の果てまでイッテQ!」「行列のできる法律相談所」「おしゃれイズム」が最強の流れで、今年も変わらぬ強さを示した。

 「おしゃれイズム」に続く番組として、4月期からドラマ枠(日曜後10・30)を新設。4月期「ワイルド・ヒーローズ」、7月期「デスノート」、10月期「エンジェル・ハート」とラインアップ。人気コミックを連続ドラマ化した「デスノート」は賛否両論の大きな話題を呼び、初回16・9%、最終回14・1%と視聴率も成功を収めた。

 朝の情報番組「ZIP!」、夕方のニュース番組「news every.」が堅調。連続ドラマは1月期「○○妻」、4月期「Dr.倫太郎」、7月期「花咲舞が黙ってない」、10月期「偽装の夫婦」と水曜10時枠がいずれも結果を残した。大ヒットこそなかったが、4作品全話2桁割れがなく、平均15%に迫る数字は十分、合格点。

 日本が南アフリカから歴史的な金星を挙げるなど、一躍、列島の注目を集めたラグビーW杯を地上波独占中継したのも大きかった。深夜にかけての放送だったが、スコットランド戦は15・0%、サモア戦は19・3%を記録した。

 4月期改編のポイントはプラチナゾーン(午後11時~翌日午前1時)の強化だったが、期待された「マツコとマツコ」(土曜後11・00)(10月期から「マツコ会議」)「有吉反省会」(土曜後11・30)は2桁に届かず。改善の余地がありそうだ。また、水曜10時枠とは対照的に土曜9時枠の連続ドラマは年間を通じて苦戦した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年1月4日のニュース