高嶋政伸が再婚 一家が祝福!両親安心「ホッと」兄「夢に出た」

[ 2015年9月17日 17:54 ]

高嶋政伸(右下)の結婚を祝福した父・忠夫(左上)、母・寿美花代(右上)、兄の政宏(左下)

 俳優の高嶋政伸(48)が今月16日、都内の大学病院に勤務する14歳下の医師と再婚した。17日、所属事務所がファクスで発表した。再婚とあり、父の高島忠夫(85)母の寿美花代(83)は「良縁に恵まれ、親としましては大変うれしく、そして何よりホッとしております」と喜び&安心のコメント。兄の高嶋政宏(49)も「たった2人の兄弟。おめでとう!」と“高島ファミリー”が所属事務所を通じてファクスで祝福した。

 政伸は共通の友人の紹介で知り合い、1年間の交際を経てゴールイン。「いつも明るく、いつでもどんな時でも僕を支えてくれる、本当に本当に素晴らしい女性でございます」と喜びをつづった。2008年9月にモデルの美元(みをん、36)と結婚。約1年8カ月の裁判を経て、12年11月に離婚した。

 両親は連名で「昨日、息子政伸より入籍しましたと報告がありました。このような良縁に恵まれ、親としましては大変うれしく、そして何よりホッとしております」と喜びと安堵のコメント。「これからは、2人らしい家庭を築いていってほしいと思います」と願いを込め「今後とも、2人を温かく見守っていただきますよう、お願い申し上げます」とした。

 兄も「昨日の夢に政伸が彼女連れて出てきたんで、何かの暗示かなと思ったら、ついに入籍!たった2人の兄弟。おめでとう!」と“予知夢”を見たことを明かし、喜んだ。 

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年9月17日のニュース