歴代じゃんけん女王の語録

[ 2015年9月17日 05:30 ]

 第1回 内田眞由美 無名の存在ながら自らの拳で初選抜初センターを勝ち取り「みなさんこんばんは。私が内田眞由美です。たくさん応援していただいたおかげで、じゃんけんで1番になることができました」。花のカチューシャ、白を基調とした私服風の衣装。

 第2回 篠田麻里子 22度目の選抜にして初センター。「正直1回戦で負けると思っていた。ここに立っているのが不思議でたまらない。初めてなのでステキなシングル曲にしたい」。左耳にチョキの手をかたどったイヤリングをつけていたのが気合の表れだった。

 第3回 島崎遥香 前田敦子卒業後のエース候補が初のセンター。抱負を聞かれ「もう…頑張ります」。終了後の会見では「ぽんこつらしくぽんこつなりに一生懸命やりたい。CDは100万枚狙います」と決意表明。主演ドラマの制服衣装を着て、勝ち進んだ。

 第4回 松井珠理奈 パーしか出さずに頂点へ。「初戦でパーを出していたら勝っていたので、最後も勝てた。じゃんけんだけではなく、本当のセンターとして認めてもらえるように頑張る。センターは渡しまセンター」。高校生らしく制服で髪は珍しい三つ編み。

 第5回 渡辺美優紀 予選から勝ち上がり9連勝で優勝。出来過ぎの展開を気にして客席に向かって「これは八百長ではありません!」と宣言。「秋元康先生に私が一番輝ける歌を贈っていただけるんじゃないかな」。漫画「うる星やつら」のラムちゃんコスプレ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年9月17日のニュース