松井玲奈、期待の星・後藤楽々にエースの極意伝授「自覚が大事」

[ 2015年8月12日 09:20 ]

SKEを卒業間近の松井玲奈(左)が期待の新星・後藤楽々にエールを送る

 今月31日にSKE48を卒業する松井玲奈(24)が、12日に発売されるSKEの新曲「前のめり」で初めて選抜入りした期待の新星・後藤楽々(らら、15)に「自分がグループの中核だと自覚することが大事」と“エースの極意”を伝授した。

 玲奈は2008年7月にSKEオープニングメンバーオーディションに合格し、松井珠理奈(18)とともにグループを引っ張ってきた。来月から、そのエースの一角が不在になることはファンに喪失感を与えそうだが、玲奈自身はそれがグループの良い転機になると考えている。

 「今まであった物の形が変わるのは後輩たちにとってチャンス。そこから新しいSKEをつくっていける」と指摘。SKEの今後について「AKB48を抜いてほしい。そのためには48グループのファンだけではなくもっと広く外に向けて発信していかなくちゃいけない。辞めた私が後悔するようなSKEになってほしい」と期待する。

 楽々は今年3月に7期生オーディションに合格し、まだ研究生であるにもかかわらず、新曲「前のめり」の選抜メンバー入り。「SKEを引っ張っていけるような人、みんなをまとめていけるような人になりたい」と意気込みを語る。

 玲奈は「楽々は自分が今どういう状況に置かれて、どうしなきゃいけないか、瞬時に理解できる頭のいい子」と評価。エースへの道のりとして「どんなに若くても、たとえ選抜じゃなくても、自分たちがSKEをつくっていくんだということをいつも自覚してほしい」と、新曲名通り“前のめり”の活動を要望した。

 ◆松井 玲奈(まつい・れな)1991年(平3)7月27日生まれ、愛知県出身の24歳。2008年10月、名古屋市のSKE劇場で公演デビュー。昨年6月のAKB選抜総選挙で自身最高の5位。今年6月に卒業を発表。身長1メートル62。血液型O。愛称「れな」。

 ◆後藤 楽々(ごとう・らら)2000年(平12)7月23日生まれ、愛知県出身の15歳。幼少の頃、ミュージカルで男子役を経験。今年6月、名古屋市のSKE劇場で公演デビュー。同月のAKB選抜総選挙は圏外。身長1メートル51。血液型AB。愛称「らら」。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年8月12日のニュース